Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

妻にイボの増大を指摘され…がんも一病息災でうまくいく

2014年に相次いで大病に見舞われたビリー・バンバン(右から兄の菅原孝さん・弟の進さん)/(C)日刊ゲンダイ

「大きくなってきたんじゃない。専門の先生に診てもらったら?」

 先日の土曜日、妻に指摘されたのが、こめかみにあるイボです。

 随分前からあって、鏡で見ると確かに大きくなっていました。

「メラノーマだったら大変よ」

 メラノーマは悪性黒色腫で、皮膚がんのひとつ。「ほくろのようながん」といわれます。昨年末に膀胱がんの手術を受けたばかりで、そう言われるとドキッとします。

 心配になってiPhoneで写真を撮って、知り合いの皮膚科医に送信。

 月曜日には、東大病院の皮膚科専門医に診察してもらったのです。

 結論からいうと、「脂漏性角化症」。「年寄りイボ」と言われることもあるように、皮膚の老化現象のひとつ。まったく心配ありません。

 何が言いたいかというと、一病息災です。膀胱がんになっていなければ、妻はイボの大きさを気にしなかったでしょう。私も、わざわざ写真を撮ったり、受診したりしなかったはずです。神経質になり過ぎるのはよくありませんが、自分の体を大切にするのは決して悪いことではありません。結果的に受診したことが無駄になりましたが、それでもいいと思っています。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事