後悔しない認知症

反論はしない 親の自慢話に「またその話?」は絶対に禁句

写真はイメージ

 だからこそ、高齢な親、とりわけ認知症の親の昔話に対して、子どもは冷ややかな態度で接してはならないのだ。もちろん、会議や討論の場ではないのだから、白黒つけるような姿勢は厳禁だ。まずは聞くことに重点をおく。「聞く9割、相づち1割、反論0割」くらいでいい。

 さらに、埋もれていた記憶を引き出す意味で的確な「つっこみ」を加えてみるのも親の脳の活性化を促す。「ひいおじいちゃんはどんな人だったの」「子どものころはどうだったの?」「仕事で大成功したときの気持ちは?」「モテたの?」といったふうに、親の記憶の引き出しをどんどん開けさせるのだ。こうした「つっこみ」があれば、脳の活動が停滞するヒマもなくなる。

 最近、認知症の母親を亡くした知人が「もっと話しておけばよかった」と悔やんでいた。昔話であろうが、自慢話であろうが、高齢の親とのコミュニケーションの機会を意識的に増やすこと。離れて暮らしているなら、電話でも手紙でもいい。親の脳の老化予防のためばかりか、もしかすると驚くような「ファミリー・ヒストリー」に出合えるかもしれない。

3 / 3 ページ

和田秀樹

1960年大阪生まれ。精神科医。国際医療福祉大学心理学科教授。医師、評論家としてのテレビ出演、著作も多い。最新刊「先生! 親がボケたみたいなんですけど…… 」(祥伝社)が大きな話題となっている。

関連記事