Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

梅宮さん6度で大空さん9度 多発がんを克服する人の共通項

梅宮辰夫と大空真弓(C)日刊ゲンダイ

 驚いた人は、少なくないでしょう。俳優の梅宮辰夫さん(81)が、週刊新潮のインタビューで6度のがんを克服したことを語っていて、話題を呼んでいるのです。

 記事によれば、1974年、30代半ばで睾丸がんが発覚し、左の肺に転移。今から8年ほど前には胃がんが見つかり、3年前の十二指腸乳頭がんは十二指腸と胆のうを全摘したほか、すい臓と胃の一部を切除する大手術を経験しています。そして昨年9月から今年1月にかけて前立腺がん、尿管がんに……。

 私自身、昨年末、膀胱がんを自分で見つけ、専門医にがんであることを告げられたときは、「なぜ、私が」と否認したい気持ちになりました。今でこそ平常心に戻って仕事をしているものの、6度のがんを克服し、前向きに生きていらっしゃるのはすばらしい。

 女優の大空真弓さん(79)は先月末、テレビ番組で「最初、乳がん、(次に)胃がん、乳がん」と告白。9度のがんを乗り越えたそうです。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事