生活と健康 数字は語る

薬品メーカーや医療機関は高血圧の人が増えるとうれしい?

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 高血圧の人が減るのはうれしいことで、増えるのは困ったことだというのが普通の世の中です。しかし、それだけでは成り立たないというのが現実です。現実の世の中は普通でないのが普通だというわけです。

 高血圧の人が増えるとうれしい人たちとはどういう人たちでしょうか。例えば降圧薬を作っている薬品メーカーです。ただ、それには反論があるでしょう。メーカーは高血圧の人を減らすために降圧薬を売っているわけで、薬が普及して、高血圧の人が減るのがうれしいのは同じです。増えるとうれしいわけではありません。そう説明することができます。しかし、自社の薬がたくさん売れるのもうれしいことに違いありません。

 また、患者を増やしたい医療機関というのも同様です。医療機関であっても薬品メーカー同様、放置している高血圧患者にできるだけ受診して、治療して、結果的には高血圧の人が減るのがうれしいということですが、医療機関が黒字になって、給料が上がるとうれしいというのもまた現実です。

1 / 2 ページ

名郷直樹

「武蔵国分寺公園クリニック」院長、「CMECジャーナルクラブ」編集長。自治医大卒。東大薬学部非常勤講師、東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員。臨床研究適正評価教育機構理事。7月末に「検診や治療に疑問を感じている方! 医療の現実、教えますから広めてください!!」(ライフサイエンス出版)を出すなど著書多数。

関連記事