更年期を知って夫婦円満

更年期に詳しい医師にかかれば症状がウソのように消える

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 サプリメントで注目を集めているのが、HRTに似た作用のエクオール。大豆のエストロゲンによく似た成分です。本来、大豆食品を食べると特定の腸内細菌によって腸内でエクオールが産生されます。ところが、日本人女性の半分は、その腸内細菌を持っていません。

 HRTと漢方薬などは費用の3割負担の保険適用があるので、薬価で1000~数千円(処方薬により個人差あり)。サプリメントはそれがないので、ほかの治療と比べるとやや高めで、月平均4000円前後(商品による)の費用となります。しかし、食品なので手軽に始められ、HRTが受けられない人にもできるのが利点です。

 3つの治療のほか、うつ症状が強い人には精神薬やカウンセリングなどを取り入れます。

 運動や食事の改善は大切ですが、気力が低下している時にはハードルが高いので、順番を決めず、気軽にできることから始めましょう。

2 / 2 ページ

小林ひろみ

メノポーズカウンセラー。NPO法人更年期と加齢のヘルスケア会員。潤滑ゼリーの輸入販売会社経営の傍ら、更年期に多い性交痛などの相談に乗る。

関連記事