愉快な“病人”たち

動かない時計の幻覚が…チョコボール向井さん脳出血を語る

チョコボール向井さん(C)日刊ゲンダイ

 発症したのは、忘れもしない2017年の6月23日。当時、新宿2丁目でスナックを経営していて、夜8時のオープンに合わせて夕方6時50分ごろから開店準備をしている時に具合が悪くなりました。

 症状は体の上からきました。まず左目がシャッターが閉まったように見えなくなって、次に口の左側がダランと下がってきて、左手もダランと……左半身が麻痺してきたんですね。開店間もなくにお客さまが来たのが不幸中の幸い。立ち上がろうとしたら踏ん張りが利かず、そのまま崩れ落ちてしまって「救急車を」とお願いしました。自分じゃ何が起こっているのかわかりませんでしたね。

 国立国際医療研究センターに運ばれ、CT検査などで「脳出血」と判明しました。右脳の前頭部の被殻出血でした。即入院でしたが手術はせず、降圧剤と脳のむくみを取る薬の点滴治療を始めました。

 さらに、入院8日だったか10日目に敗血症を起こし、39度以上の高熱が下がらずICUへ。危篤状態ですよ。体が震え、頭は朦朧として、幻覚で壁に動かない時計が見えたりもしました。

1 / 6 ページ

関連記事