これで認知症介護は怖くない

介護のために同居を始めると父親との関係がギクシャクした

(提供写真)

 具体的な例を紹介する。

 佐藤啓介さん(仮名)は出版社に勤務する40代のサラリーマン。父親が認知症になってから、すっかり人生が狂ってしまった。

 実家は両親2人だけの生活で、年老いた母親には認知症の父親の介護は手に負えず、かといって、父親の性格からヘルパーともうまくいかず、母親は佐藤さんに助けを求めた。

 最初は時々実家に帰って介護を手伝っていたのだが、やがて症状が進行するにつれて、それではとても間に合わなくなってきたので、思い切って両親と一緒に住むことになった。もちろん、これまでのようにサラリーマン生活を続けることは難しく、勤めていた会社を辞めて近所で仕事先を探した。

 最初は両親も喜んだが、そのうち父親との関係がギクシャクし始めた。

 最初の兆候は、佐藤さんが食事を作って父親に出したときだ。「こんなまずいものを親に出すのか」と吐き捨てたので、ついに親子喧嘩が始まってしまった。

1 / 2 ページ

関連記事