医者も知らない医学の新常識

専門誌で最新報告が 食道がんリスクと飲食物の温度の関係

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 食道がんは初期には症状がないため診断されることが少なく、進行すると治療をしても、食事がのみ込みづらくなるなどの後遺症が残ることの多い、厄介ながんのひとつです。

 日本人に多い扁平上皮がんというタイプの食道がんは、喫煙とアルコール濃度の高いお酒を飲むことで、なりやすいということが分かっています。

 それから、時々指摘されることがあるのが、熱い飲み物や食べ物との関係です。熱い物が食道の粘膜を刺激することで、がんになりやすくなる、というのです。

 ただ、この点については、これまでにそれほどしっかりとした研究データがありませんでした。

 今年のがんの専門誌に、それについての新しい知見が発表されています。

 イランで5万人を超える大規模な調査を行ったところ、温度が60度以上の熱いお茶を飲む人は、ぬるいお茶を飲む人と比較して、食道がん(扁平上皮がん)のリスクが41%増加していました。温度にかかわらず、ぬるいお茶が好きな人と比較して、うんと熱いお茶が好きな人は、2・4倍以上もがんのリスクが高くなっていました。

 また、ゆっくりと時間をかけて飲む人と比較して、1杯を2分かけずに急いで飲む人は、これも食道がんのリスクが51%増加していました。

 熱い飲み物は冷ましてからゆっくり飲むことが、食道がんの予防には重要なことであるようです。

石原藤樹

信州大学医学部医学会大学院卒。同大学医学部老年内科(内分泌内科)助手を経て、心療内科、小児科研修を経て、1998年より「六号通り診療所」所長を務めた。日本プライマリ・ケア学会会員。日本医師会認定産業医・同認定スポーツ医。糖尿病協会療養指導医。

関連記事