松平健 若さの秘訣

2年前に持病の不整脈でカテーテル手術を経験しました

松平健(C)日刊ゲンダイ

 65歳といえば、会社員だった同級生も一線を退く頃合いに差し掛かっている。

「豊橋にはたまに帰りますが、やっぱり故郷はいいですよね。同級会を頻繁にやっているわけではないのですが、今年も1月に名古屋の御園座で舞台をやったので、そういう時に同級生が名古屋まで応援に駆けつけてくれます。駅前は私が育った頃とはまったく違いますが、やっぱりどこかホッとします」

 愛知県豊橋市は、東は弓張山系を境に静岡県と接し、南は太平洋、西は三河湾に面する。温暖な気候の下、松平はすくすくと幼少期を過ごした。

「父親はもともとは大工でしたが、戦争では『陸軍の自転車部隊で南方戦線に従軍した』そうです。母は岐阜の田舎から嫁いできました。小学生の頃に一度、母の実家に連れて行ってもらったことがありますが、今はその実家も親戚の家もダムの底に沈んでいます。150センチと小柄な女性でした。名前は平仮名で『鈴木いつ』。私は7人きょうだいの末っ子で、母が40を越えてからの子。昔はどこもそうでしたが、きょうだいが戦前と戦後と離れている家庭が多かった。私のところも一番上の兄は20歳も年上で、親子ほども年が違います。その兄は今も地元で健在で、姉たちは旦那さんが亡くなってしまったのもいますが、ますます元気になっている気がする。姉妹がワイワイと集まって、一緒に旅行にも行っているようです」

1 / 3 ページ

関連記事