愉快な“病人”たち

メスを入れるのが嫌だった 村上弘明さん大腸がん振り返る

村上弘明さん(C)日刊ゲンダイ

「私だったら切るね」

 医師との話し合いのとき、カミサンに先にそう言われてしまったものだから、引くに引けなくなって仕方なく腹腔鏡手術で大腸を切ることになりました。でも、本当は内視鏡でポリープを取るだけで済ませてもらいたかったんです。カミサンは帝王切開を4回もやっているから(笑い)。もしも、あの場にカミサンがいなかったら、ずっと内視鏡でのポリープ切除にこだわり続けたと思います。それくらい体にメスが入るのは嫌だったんです。

「大腸がん」の手術をしたのは去年5月22日のこと。その3カ月前に告知されていましたが、「ドラマの撮影終了を待っても問題ない」ということで、5月のタイミングになりました。

 それくらい“ひょっとしたらがん化しているかもしれない”という段階のポリープでした。主治医は「ステージゼロですから、そんなに深刻な顔をしないで大丈夫です」と言うんですけど、「それなら手術しないでよ」って内心叫んでいました(笑い)。

1 / 5 ページ

関連記事