愉快な“病人”たち

メスを入れるのが嫌だった 村上弘明さん大腸がん振り返る

村上弘明さん(C)日刊ゲンダイ

 手術は約1時間。全身麻酔で、目覚めたのは4時間後でした。口に管が入っていましたが、目覚めの感想は「あー、よく寝た」というスッキリ感。実はボク、「睡眠時無呼吸症候群」なんです。だからあの爽やかな目覚めは本当に久しいという感じでした。

 ただ、他人に自分の体をすべて委ねる経験は初めてだったので、入院中は看護師さんが近寄るたびに「この人の人格は大丈夫なんだろうか……」と心配でした。だって、“看護師や医者が犯人だった”なんてことがドラマでよくあるでしょ? おちおち寝ていられませんでした(笑い)。

■やりたいと思ったことはすぐに実行した方がいい

 病気から学んだのは、東日本大震災でも感じたことですが、当たり前の日常が、本当は幸せだということ。

 今回はステージゼロとはいえ、人生初の手術を経験し、「人生、先のことはわからない。自分がやりたいと思ったことはすぐに実行した方がいい」と思うようになりました。

4 / 5 ページ

関連記事