松平健 若さの秘訣

朝6時に起きて息子の弁当づくり ご飯は土鍋で炊きます

松平健(C)日刊ゲンダイ

 若い頃はスポーツジムに通って体を鍛えていたが、今はもっぱらウオーキングだ。

「ベスト体重は90キロ(身長178センチ)ですが、今は少し上回っています。ウオーキングは以前は毎日でしたけど、今は気が向けばという感じで、週に2、3回ですかね。ただ、昔から歩くスピードはかなり速く、これは変わっていません。30分で5キロの距離を早歩きしますから、道ですれ違う人は誰も気付きませんね」

 胸板の厚さは、小学、中学時代に水泳部で鍛えたたまものだ。

「今は泳いでいませんが、クロールからバタフライまでひと通りは泳げます。ずっと水泳部に所属していたのですが、中学1年生の時にサッカー部に誘われ、しばらく水泳とサッカーを並行して続けていました。ポジションはキーパーで、一応、レギュラーを任されていました。上背があり、俊敏性もあったと判断されたのかもしれません。ですから、今もサッカーファン。さすがにスタジアムに行って応援するまではいきませんが、中継やニュースは気になって見ています。先日のキリンチャレンジカップでは、日本代表デビューの橋本(拳人)選手、畠中(槙之輔)選手ら若い人の台頭が著しく、香川(真司)選手、宇佐美(貴史)選手、乾(貴士)選手らの前回W杯組もウカウカしてはいられません。時代の流れを感じますが、競争が激しいのはいいことでしょう」

1 / 3 ページ

関連記事