これで認知症介護は怖くない

認知症の人はつらさや寂しさ、悲しさをより敏感に感じている

本人ができることは本人に任せて自立を邪魔しない(提供写真)

 これが「何やってんのよ」と言われたら、丹野さんは落ち込んだはずだ。

 ある意味で「ほったらかし介護」とでもいうか、過剰な世話を焼かず、本人ができることは本人に任せて自立を邪魔しないことが、本人も家族も楽で、生き生きできるようだ。

 障害があるだけで、何も分からないからと勘違いしてモノのように扱われたら、認知症の人だけでなく、私たちだって暴言や暴行といった方法で抵抗するだろう。

2 / 2 ページ

関連記事