Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

萩原健一さんは闘病8年 希少がんGISTでも5年生存率は5割超

萩原健一さん(C)日刊ゲンダイ

 ショーケンの愛称で知られる俳優・萩原健一さん(享年68)の訃報に触れ、改めて「自分が死ぬならがんがいい」という思いが強くなりました。2011年に消化管間質腫瘍(GIST)と診断されてから8年。10万人に1、2人の発症率の希少がんと人知れず闘っていましたが、最期まで人生をまっとうした姿が印象的なのです。

 昨年はNHKのドラマで度々存在感を見せていました。先月17日、ミュージシャンの内田裕也さん(享年79)が亡くなった際は、「近々、企画書を持って裕也さんと共演することを楽しみにしていました」とコメント。亡くなる前々日の先月24日には、ジムに通っていたそうです。容体が急変した理由は分かりませんし、ご家族や周囲の方々のつらさは察しますが、決して悪い最期ではないと思います。

 ぴんぴんコロリというと、心筋梗塞や脳卒中などの血管系の病気の突然死をイメージするかもしれません。医療の進歩でそういう病気でも救命率が高くなっています。そうすると、心機能が低下したり、半身マヒを負ったりして、つらい生活を余儀なくされることもあるでしょう。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事