ニューヨークからお届けします。

昔の病気を蘇らせ流行させるアンチ・ヴァクサーとは?

予防接種反対デモに参加者には妊婦も…(C)ロイター

 前回、はしかの大流行について紹介した時、予防接種を受けない子供たちが流行を悪化させていると触れました。宗教的な理由以外に、親が「予防接種は自閉症の原因になる」などと信じており、子供に受けさせないのです。

 こういった親は、「アンチ・ヴァクサー(anti―vaxxer)」と呼ばれ、「すでに排除されつつある病気を蘇らせている」という危惧が高まっています。一方でアンチ・ヴァクサーたちが過激化し、ほかの親をSNSなどで攻撃するケースも報道されています。

 CDC(米疾病対策センター)によると、アメリカの子供たちは通常MMR(麻疹・おたふく風邪・三日麻疹)、B型肝炎、水痘などの予防接種を受けます。しかし、2歳以上でこれらを受けていない人の割合は、2011年の0.9%から、15年の1.2%に増加しました。

 それに対し、はしかは14年に続き、今年は患者300人を超えて大流行の兆しです。また、おたふく風邪の患者は1990年代には毎年数百人程度だったのが、16年には6000人に跳ね上がり、昨年18年には3000人という患者数が報告されました。

1 / 2 ページ

シェリー めぐみ

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

関連記事