耳鳴りめまい難聴…聴神経腫瘍かも

たとえ聴神経腫瘍が小さくても10~40代の患者は手術が必要

一生涯つきあっていく…(C)PIXTA

 聴神経腫瘍の治療には、手術のほかに、経過観察と放射線治療があります。聴神経腫瘍の手術を年間約100件、累積で1300件手掛けている私ですが、「何が何でも手術」と思っているわけではありません。

 小さい腫瘍であれば、年齢を考慮しつつ、経過観察や放射線治療を提案することも多くあります。

 60代以上で、進行スピードも速くなく、脳幹の圧迫などが見られない場合は、手術は最後の選択肢と考えています。

 なぜなら、手術そのものが体に負担をかけますし、聴神経腫瘍の手術は非常に難しく、顔面神経麻痺(まひ)や聴力喪失などの合併症も起こり得るからです。

 では、手術をすべきだと考える患者さんはどういう人か?

 これは私の中で決まっていて、まず、腫瘍が大きく、脳幹を圧迫して命を脅かされている人。次に、腫瘍は小さいけれど10~40代の若い人で、聴力が残っており、腫瘍の成長速度が速く、患者さんが手術のメリットを理解している場合です。

1 / 2 ページ

河野道宏

東京医科大学病院脳神経外科主任教授。聴神経腫瘍・小脳橋角部腫瘍・頭蓋底髄膜腫手術のエキスパート。

関連記事