Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

年内実用化へ がんを消す「光免疫療法」驚きの効果と問題

腫瘍の場所がネック(C)日刊ゲンダイ

 早期がんは治る。この連載で何度となく語っていることですが、その可能性がさらに高まりそうです。光免疫療法に使用される薬剤が8日、厚労省の先駆け審査の対象に指定されました。

 通常、薬剤の承認審査には1年以上かかりますが、画期的な治療法など一定の条件を満たすと、審査期間が半年ほどに短縮されます。今回の指定により、光免疫療法が年内にも国内で治療に使われそうなのです。難しい説明は後回しにして、まずはその効果から。

 先行する米国の臨床試験では、再発頭頚部がんを対象に光免疫療法が行われています。

 公開されている15人のうち14人は、がんが30%以上縮小。縮小効果を示す奏効率は93%。14人のうち7人は、完全に消えたのです。完全奏効率は47%に上ります。サンプル数が少ないとはいえ、標準治療では効果がない患者が対象ですから、この効果は画期的です。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事