更年期を知って夫婦円満

ホルモン補充療法で対応困難…閉経前の更年期症状にピル

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 ピルというと「避妊」を思い浮かべる人が多いでしょう。女性ホルモンが含まれるピル(低用量ピル)には、排卵を抑制し、子宮内膜を妊娠しにくい状態にさせ、子宮内に精子を入りづらくさせる作用があります。正しく飲むとコンドームより高い避妊効果が得られます。

 一方、ピルには月経周期の不規則や月経痛の改善、月経量減少などの効果もあります。そのため、月経トラブルで悩む女性に処方されることが多い薬です。同じく女性ホルモンの製剤としてホルモン補充療法(HRT)がありますが、ピルとの違いは大きく挙げて3つあります。

 まず、ピルに含まれる女性ホルモン量(エストロゲン)はHRTと比較して4~5倍多い。次に、HRTには避妊効果がない。さらにピルは、血栓症、乳がん、肝臓、腎臓、心臓などの病気を抱えている人は服用できないということです。

 40代になると月経が不規則になります。排卵しない月もあれば、排卵する月もあり、妊娠する可能性がゼロではありません。排卵しない月が続いたので「閉経した」と思っていたら、実は妊娠していた、というケースも少なくありません。

1 / 2 ページ

小林ひろみ

メノポーズカウンセラー。NPO法人更年期と加齢のヘルスケア会員。潤滑ゼリーの輸入販売会社経営の傍ら、更年期に多い性交痛などの相談に乗る。

関連記事