医者も知らない医学の新常識

ステロイドが増えて血糖値が上昇 脱毛治療薬で糖尿病に?

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 髪の毛が薄くなって悩んでいる男性用の飲み薬として、「フィナステリド」(一般名、商品名プロペシア)と「デュタステリド」(一般名、商品名ザガーロ)の2種類が、お医者さんで使われています。この薬は男性ホルモンであるテストステロンが、より強力なジヒドロテストステロンになるのを妨害する作用があります。男性ホルモンは前立腺を大きくする働きがあるので、前立腺肥大症の治療薬として使われます。そしてもう一つ、男性ホルモンは脱毛の原因となるので、薄毛の薬としても使われているのです。

 この薬は主に前立腺や皮膚に効果があるのですが、それ以外に肝臓や脂肪などにも作用することが分かっています。そして肝臓や脂肪に働くと、テストステロン以外のステロイドホルモンが分解するのを抑え、結果としてステロイドが体にたままりやすくなることが想定されます。

 このことで体に何か問題はないのでしょうか? ステロイドが増えることで、血糖値を下げるホルモンであるインスリンの効き目が悪くなる可能性が指摘されています。

1 / 2 ページ

石原藤樹

信州大学医学部医学会大学院卒。同大学医学部老年内科(内分泌内科)助手を経て、心療内科、小児科研修を経て、1998年より「六号通り診療所」所長を務めた。日本プライマリ・ケア学会会員。日本医師会認定産業医・同認定スポーツ医。糖尿病協会療養指導医。

関連記事