役に立つオモシロ医学論文

心臓病のリスクにも影響「緑地環境」が健康を左右する

米フロリダ州にあるリタイアした人たちのコミュニティー村(C)ロイター

 居住環境が健康状態に影響を及ぼす可能性について、複数の研究報告があります。

 例えば幹線道路の近くに住んでいる人では認知症リスクの増加、強い騒音環境ではうつ病リスクの増加が示唆されています。

 他方で、緑地環境が近隣にあることは、身体活動の促進や心理的なストレス軽減、また大気汚染や騒音などを防ぐことによる生活環境の改善が期待できることでしょう。

 居住地区の緑地環境と心臓病のリスクを検討した研究論文が2019年3月19日付で、米国心臓協会誌電子版に掲載されました。

 この研究では、米国フロリダ州マイアミのデイド郡に居住している65歳以上の24万9405人が解析の対象となっています。人工衛星の画像をもとに、緑地環境の度合い(正規化植生指数)を評価し、心臓病の発症リスクとの関連性が検討されました。なお、結果に影響を与えうる、年齢、性別、世帯収入などの因子で、統計的に補正して解析を行っています。

1 / 2 ページ

青島周一

2004年城西大学薬学部卒。保険薬局勤務を経て12年9月より中野病院(栃木県栃木市)に勤務。“薬剤師によるEBM(科学的エビデンスに基づく医療)スタイル診療支援”の確立を目指し、その実践記録を自身のブログ「薬剤師の地域医療日誌」などに書き留めている。

関連記事