天皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

術後20年を考えると「グラフト」はやはり動脈が優れている

順天堂大学医学部付属順天堂医院の天野篤院長(C)日刊ゲンダイ

 狭心症や心筋梗塞といった虚血性心疾患の患者さんに対する外科的治療の大きな柱になっているのが「冠動脈バイパス手術」です。細くなったり詰まってしまった冠動脈の代わりに他部位の血管(グラフト)を使ってバイパス血管をつくり、心筋への十分な血流を確保できるようにします。

 グラフトには、患者さん自身の血管を使用します。つくるバイパスの本数や血管の状態によって変わってきますが、内胸動脈(胸板の裏にある動脈)、右胃大網動脈(胃の周囲の動脈)、橈骨動脈(手の動脈)、大伏在静脈(足の静脈)といった血管が使われます。

 ただ、長期にわたって心臓を補助できる耐久性を考慮すると、グラフトとしてベストなものは「動脈」です。とりわけ内胸動脈は個体差がほとんどない血管で、いちばん動脈硬化が起きにくいため、グラフトとして最適です。

 これに対して「静脈」は、患者さんによってひどく傷んでいるなど個体差が非常に大きい血管で、耐久性も劣ります。そのため、将来的に再手術が必要になるケースも多くなります。

1 / 5 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。

関連記事