Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

堀ちえみさんは舌と食道に…重複がん早期なら治癒の可能性

堀ちえみさん(C)日刊ゲンダイ

 そんなに続けて……。

 そう思われた人は少なくないでしょう。

 今年2月に舌がんの手術を受けたばかりのタレント・堀ちえみさん(52)が食道がんであることを公表。今月16日には、自らのブログで内視鏡手術が無事に終わったことを報告したのです。

 2カ月ほどの間に相次いだがんの公表に、一般の方が驚くのは当然かもしれません。ポイントは食道がんが、舌がんの転移ではなく、それぞれ別のがんだということ。医学的には別個に発生したがんを「重複がん」といいます。

 ある臓器から別の臓器に転移したがんは「転移性がん」で、たとえば胃がんが肝臓に転移したものは転移性肝がんです。

 胃のがんが肝臓に流れていったものと考えるため、治療法は胃がんの性質を基に組み立てるのです。

 一般に転移性がんは進行がんで、早期に比べると、治癒の可能性が低い。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事