役に立つオモシロ医学論文

水を飲めば肥満予防できるかも 3200人5年追跡調査の結果は

水を飲むと…

 過去の文献報告によれば、水分摂取が摂取カロリーの低下をもたらし、肥満の予防に効果的である可能性が示唆されています。

 実際、水を飲んで空腹がまぎれたという人は多いはずです。

 水の摂取と過体重(肥満ではないが標準体重よりも太っている状態)との関連性を検討した研究論文が、日本疫学会誌の電子版に3月16日付で掲載されました。

 この研究は標準体重(体格指数<BMI>が平均21)であった18~65歳の3200人が対象となり、1日当たりの水の摂取量(1杯を240ミリリットルと定義)と過体重(BMI24以上)のリスクの関連が検討されています。なお、結果に影響を与えうる、年齢、教育水準、喫煙状況、睡眠時間、身体活動量、エネルギー摂取量などの因子で統計的に補正を行って解析しています。

 5年にわたる追跡調査の結果、1日の水の摂取量が2~3杯の群と比較して、4~5杯で26%、6杯以上で45%、統計学的にも有意に過体重のリスクが低下しました。また、摂取量ごとの過体重リスクを検討したところ、水の摂取が1杯増加するごとに男性で6・5%、女性で8・4%、過体重リスクが低下することも示されました。

1 / 2 ページ

青島周一

2004年城西大学薬学部卒。保険薬局勤務を経て12年9月より中野病院(栃木県栃木市)に勤務。“薬剤師によるEBM(科学的エビデンスに基づく医療)スタイル診療支援”の確立を目指し、その実践記録を自身のブログ「薬剤師の地域医療日誌」などに書き留めている。

関連記事