Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

岡村孝子さんが公表の白血病は不治の病でない 8割は治る

岡村孝子さん(C)日刊ゲンダイ

 シンガー・ソングライターの岡村孝子さん(57)が急性白血病を公表されたことで、読者の中には、1985年に27歳で生涯を閉じた夏目雅子さんを思い出した方もいるかもしれません。あの当時は、“不治の病”のようなイメージがありましたが、今は違います。白血病の種類によっては、50~80%が「寛解」といって治癒に近い状態に回復するのです。

 たとえば、俳優の渡辺謙さん(59)は89年に急性骨髄性白血病を患い、1年の抗がん剤治療で復帰。5年後に再発したものの、翌年には復帰してバリバリ活躍しています。タレントの吉井怜さん(37)も、19年前に急性骨髄性白血病に。骨髄移植で克服しています。

 白血病は、血液中の白血球が無制限に増殖する病気です。増殖した白血球は正常に働きません。相対的に赤血球や血小板が少しずつ減少することから、息切れや動悸、貧血などを生じます。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事