愉快な“病人”たち

肺腺がんで手術 東てる美さんが抗がん剤治療をやめた理由

東てる美さん(C)日刊ゲンダイ

 7月に手術を受け、腹腔鏡で左脇の2カ所に穴を開け、4・5センチの開腹もして左肺の5分の2を切り取りました。約5時間の手術でした。さすがに手術の時は誰かにいてほしくて、絵美ちゃんに付き添ってもらいました。

 私は24年前に離婚してずっと一人暮らしで、一人娘はハワイで家庭をもっています。娘には「帰ってきて」なんて絶対に言わない。心細いとも思いません。ずっと仕事してきたからかな。

 手術の時、リンパも13個切り取り、そのうちのひとつにがんが見つかったのでステージⅡBに。再発予防のために再入院し、去年の10月30日から抗がん剤治療を始めました。

 3週間1クールの治療を4クール受ける予定でした。ただ、1クール目は楽勝だったんですけど、2クール目で激しい耳鳴りや味覚障害といった副作用が出たので治療をやめました。それが12月5日です。娘には猛反対されましたけど、予防のための治療だったので、お医者さんからも引き留められませんでした。

2 / 5 ページ

関連記事