愉快な“病人”たち

肺腺がんで手術 東てる美さんが抗がん剤治療をやめた理由

東てる美さん(C)日刊ゲンダイ

 そもそも私はもう若くはありません。仕事はそこそこしてきたし、子供を育てあげ、孫も見せてもらった。両親も送りました。人生、思い残すことはないんです。誰だって死ぬんだから、抗がん剤治療をやめたせいで死期が早くなっても後悔はありません。抗がん剤治療をやめて、しばらくはしんどい時もありました。耳鳴りは今もひどくて、両耳でセミがずっと鳴いている感じで煩わしい。テレビのボリュームが上がって、話し声が聞こえにくかったりします。でも、耳鳴りに効くお薬はないらしいです。

 味覚障害はだいぶ改善しました。お味噌汁の濃さがわからなかったり、和食の繊細なおいしさがわからなかったりしますけど……。だから、今はスパゲティナポリタンにタバスコをいっぱいかけるのがごちそうです(笑い)。

 あとは脱毛ですね。今は髪が以前の3分の1ぐらいの量になっちゃった。ただ、2~3センチの短い毛がたくさん生えてきているんですよ(笑い)。

4 / 5 ページ

関連記事