生活と健康 数字は語る

同じデータに基づきながら正反対の解釈が可能だと理解する

写真はイメージ

 この調査ではデータを示しただけで、その解釈は示されていませんが、このデータを使っていろいろなことを言う人が出てきます。炭水化物が重要と言いたい人はそういう解釈を広げたいでしょうし、炭水化物は良くないと言いたい人はそうした解釈を広めたいでしょう。そして、そうした意見にだまされないためには、どちらの主張もある程度理屈が成り立つ中で説明できてしまうことを十分理解しておく必要があるのです。

2 / 2 ページ

名郷直樹

「武蔵国分寺公園クリニック」院長、「CMECジャーナルクラブ」編集長。自治医大卒。東大薬学部非常勤講師、東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員。臨床研究適正評価教育機構理事。7月末に「検診や治療に疑問を感じている方! 医療の現実、教えますから広めてください!!」(ライフサイエンス出版)を出すなど著書多数。

関連記事