上皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

急速に進化する医療を最大限に活用するには早期発見が肝心

順天堂大学医学部付属順天堂医院の天野篤院長(C)日刊ゲンダイ

 令和の時代を迎え、医療がこれからますます発展していくのは間違いありません。近い将来、命をむしばむくらい進行した状態の疾患、たとえばがんなら進行がん、血管の病気なら「アタック」と呼ばれる発作といった状況の前の段階であれば、ほぼ100%治すことができるようになるはずです。急速に進化しているゲノム医療や免疫療法といったさまざまな治療法を駆使すれば、ステージ3くらいまでのがんならほとんど治せるようになるでしょう。

 中でもゲノム医療は、ここ10年、20年くらいでさらに発展するのは確実です。現時点ではがんに対する診断・治療が中心で、がん患者の遺伝子を分析して適切な治療薬の選択に役立てる目的で行われています。それが今後は他の病気にも広がってくるでしょう。さらに正確性が増してくれば、かかるはずだった病気にかからなくなったり、遺伝子の操作によってこれまでなら治らなかった病気が治る時代がやってくるのです。

1 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。

関連記事