上皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

急速に進化する医療を最大限に活用するには早期発見が肝心

順天堂大学医学部付属順天堂医院の天野篤院長(C)日刊ゲンダイ

 そうした意識を持っている人が、自身の満足のひとつといえる「健康」を手に入れるためにお金も手間もかけないというのは、文化的に教養のある人だとはいえません。自ら、「高度成長のために企業戦士として使い捨てになった頃の発展途上国の日本人だ」と言っているようなものだと思います。

 日本の保険制度の中で認められた予防医療や社会人として保障されている健康診断は、きちんと受けるのが先進国の日本人としてのあるべき姿だといえます。そうした医療を受診することが、結果的に医療費の抑制につながり、間接的に国に貢献することになるからです。

■AIを導入した診断機器も登場している

 病気を予防したり、早期発見するための診断機器は、これからもさらに進化していくのは間違いありません。中でも、AI(人工知能)を搭載した機器がどんどん登場してくるでしょう。まだコストが高いのですが、今後は外科も内科もAIが医療産業の目玉になります。

3 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。

関連記事