これで認知症介護は怖くない

バリアフリーにすると変化についていけない当事者もいる

段差の認識がなくなってしまう…

「せっかくバリアフリーにしたのに、認知症の父は歩きにくそうにしているし、何度かつまずきました。何のためにリフォームしたのやら……」

 最近も近所の人からこんな嘆きを聞いた。

 家族の誰かが認知症になると、いずれリフォームするんだから、症状が重くなったときのことを考えてバリアフリーなどにリフォームする人が多いようだ。

 完全なバリアフリーにリフォームするのはいいとして、問題はその時期である。たとえば①認知症でない時期、②軽度の認知症と診断された時期、③ある程度症状が進行し始めた時期が考えられるが、①や②はまだいいとして、問題は③でリフォームする人が意外に多いことである。

 認知症当事者からこう言われたことがある。

「完全なバリアフリーは、足を上げる機能をなくしてしまいます。さらに段差があるという認識がなくなり、ちょっとした段差でも転んでしまうのです。軽度の人なら普段から足を上げることを意識すれば、バリアフリーでなくても大丈夫です」

1 / 2 ページ

関連記事