人生100年時代の健康法

スーパーフードに説得力はあるの? 効果確認はごくわずか

チアシード(C)日刊ゲンダイ

 ポリフェノールなど特定の成分を強化した「デザイナーフーズ」は、まだ市場に登場していません。しかしそれを待たなくても、世間には「スーパーフード」と呼ばれる食品があふれています。

 (社)日本スーパーフード協会のホームページには、「一般の食品よりビタミン、ミネラル、クロロフィル、アミノ酸といった必須栄養素や健康成分を多く含む、おもに植物由来の食品」と書かれています。鳴り物入りでマスコミに取り上げられている食品は、すべてスーパーフードと呼んでよさそうです。

 数カ月前にはダークチョコレートがもてはやされていましたし、チアシードやマヌカハニーなどを覚えている人も多いはず。最近では「おからパウダー」がテレビで紹介されたため、主婦の間で大人気とか。

 もっともおからを含む大豆製品は、ずっと以前から健康食品の代表とされてきましたから、いまさら感は否めません。逆に、同じ食品を、業界とマスコミが手を替え品を替えて大々的に宣伝し、数年おきにはやらせていると言いたくなってきます。

1 / 2 ページ

永田宏

筑波大理工学研究科修士課程修了。オリンパス光学工業、KDDI研究所、タケダライフサイエンスリサーチセンター客員研究員、鈴鹿医療科学大学医用工学部教授を歴任。オープンデータを利用して、医療介護政策の分析や、医療資源の分布等に関する研究、国民の消費動向からみた健康と疾病予防の解析などを行っている。「血液型 で分かるなりやすい病気なりにくい病気」など著書多数。

関連記事