更年期を知って夫婦円満

更年期症状が出る前に予防策を 講じてほしい3つのポイント

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 まだこれといった更年期症状がない場合、今から予防できるのでしょうか?

 更年期の諸症状は、①卵巣機能の低下で生じるエストロゲンの減少②環境的な要因③自身の持った体質的な要因――から起こることが分かっています。その要因を理解して事前にできることから改善していくと、予防につながります。

 ①のエストロゲンの減少は、残念ながら食い止めることができません。しかし大豆食品が女性ホルモンと似て体にいいと聞いたことがある方が多いと思います。それは大豆の中のイソフラボンが腸内でエストロゲンに似たエクオールという物質を産生するからですが、腸内にエクオール産生菌がないとエクオールを産生できません。その腸内細菌を持っている日本人女性は全体の50%。ネットで購入できる尿検査で簡単にチェックできるので、大豆食品で補えるタイプかどうか、症状が出る前に尿検査しておくのもよいでしょう。

1 / 2 ページ

小林ひろみ

メノポーズカウンセラー。NPO法人更年期と加齢のヘルスケア会員。潤滑ゼリーの輸入販売会社経営の傍ら、更年期に多い性交痛などの相談に乗る。

関連記事