ベテラン皮膚科医もお手上げ? 水虫は見た目で分からない

専門医でも見た目だけの診断は難しい(C)日刊ゲンダイ

「2択なので適当に答えても50点はいくテストで、70点ほどしかいかなかった。30年以上の大ベテランでも65%ほどの正解率でした。つまり、長年の治療経験があっても、見た目だけで診断するのは難しい。皮膚科専門医でそうですから、専門外の先生ではもっとそうですし、一般の人はなおさら」

 常深医師のもとに「水虫です」と言って来る患者の3分の1は、水虫以外の病気だという。水虫ではないのに水虫の薬を塗ったら、かぶれてひどいことになることも。

「顕微鏡で白癬菌の菌糸を確認することは不可欠。水虫の治療を受けているけど治らないという人の検査をしたら、水虫でなかったというケースはよくあります」

 今年こそ水虫とおさらばしよう。

4 / 4 ページ

関連記事