がんと向き合い生きていく

「人生会議」の決定を逆転させるくらい医療は進歩している

佐々木常雄氏(C)日刊ゲンダイ

 厚生労働省のホームページにこうあります。

「『人生会議』とは、もしものときのために、あなたが望む医療やケアについて前もって考え、家族等や医療・ケアチームと繰り返し話し合い、共有する取組のことです。厚生労働省では、今まで『ACP:アドバンス・ケア・プランニング』として普及・啓発を進めてまいりましたが、より馴染みやすい言葉となるよう『人生会議』という愛称で呼ぶことに決定しました」

 G医師は長い間、Bさん(83歳・女性)一家からかかりつけ医として信頼されてきました。先日、Bさんの息子から相談を受けたG医師が悩んでいるという話を聞きました。

 Bさんの夫は、若い頃からヘビースモーカーで、10年前に肺がんで亡くなりました。その後、Bさんは息子と一緒にG医師を訪れ、夫の最期をみとってくれたお礼を述べてから「私が肺がんになったら、夫のように病院で抗がん剤治療はしたくないです。これはG先生も覚えておいてください。お願いします」と話したそうです。

1 / 4 ページ

佐々木常雄

東京都立駒込病院名誉院長。専門はがん化学療法・腫瘍内科学。1945年、山形県天童市生まれ。弘前大学医学部卒。青森県立中央病院から国立がんセンター(当時)を経て、75年から都立駒込病院化学療法科に勤務。08年から12年まで同院長。がん専門医として、2万人以上に抗がん剤治療を行い、2000人以上の最期をみとってきた。日本癌治療学会名誉会員、日本胃癌学会特別会員、癌と化学療法編集顧問などを務める。

関連記事