上皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

急性大動脈解離「診療の質指標」によって救える命が増える

順天堂大学医学部付属順天堂医院の天野篤前院長(C)日刊ゲンダイ

 冒頭でもお話ししたように大動脈解離は前触れなく発症するため、解離を起こした患者さんが病院を選ぶ余裕がないケースも考えられます。東京都では、2010年11月から「急性大動脈スーパーネットワーク」というシステムの運用がスタートしていて、急性大動脈解離の治療に実績のある病院に効率的に搬送できる体制が整備されています。今回の「診療の質指標」と合わせ、こうしたネットワークが全国的に広まっていけば、救える命が増えるでしょう。

4 / 4 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。

関連記事