「告白」あの事件の当事者

子宮頸がんワクチン1回目の摂取で生理が来なくなりました

子宮頸がんワクチン被害者の酒井七海さん(提供写真)
酒井七海さん(24歳)=子宮頸がんワクチン被害者

 2011年2月、高校1年生だった酒井さんは、高校で配られたチラシや、市役所からの子宮頚がんワクチン接種の案内を見て「ワクチンで防げるがんなんてあるんだ」と驚いたという。子宮頚がんは、性的接触でヒトパピローマウイルス(HPV)に感染し発症する。性交渉未経験の10代前半での接種が推奨されている。

 酒井さんは子供のころから健康で、病院に行くのは予防接種やケガの時だけ。中学時代は、県内のピアノコンクールで金賞を受賞し、進学校に入学後は、琴部の部長を務めた。豪州語学研修など課外活動も精力的にこなし、弁護士になる夢をかなえるため勉学に励んでいた。まさか子宮頚がんワクチンを接種したことで人生が一変するとは……。

「1回目の接種で順調だった生理が来なくなり、2回目の翌日の夜、入浴直後に失神し40度の高熱が出ました」

 接種した医師は「(接種と)関係ないと思うが副作用報告はする」と言ったが、後に国が実施した追跡調査で、製薬会社が「回復」に分類していたことが発覚した。

1 / 3 ページ

関連記事