Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

膵臓がんを早期に発見「尾道方式」と研究が進む最新検査

八千草薫さんは抗がん剤を終了
八千草薫さんは抗がん剤を終了(C)日刊ゲンダイ

 順調なようで何よりです。女優の八千草薫さん(88)が今月26日、千葉県のイベントに出席。2月に膵臓がんを公表してから、初めてファンの前に姿を見せたと報じられました。その日は、30度近い夏日だったこともあり、「少し涼しくなるように祈ってましたが、ダメでした」と笑いを誘ったといいます。

 昨年1月に手術を受けてから、今年に入って肝臓への転移が発覚。抗がん剤治療を続けていたそうですが、それが終了。仕事復帰を目指して英気を養っているといいます。

 膵臓がんといえば、全体の5年生存率は8.5%という難治がん。それを乗り越えて元気でいられるのは、いくつか秘密がありそうです。

 ひとつは、早期で手術が可能だったこと。ステージ1の5年生存率は、4割にアップします。

 皆さん気になるのは、どうやって早期で発見するか。そこについてはこの連載でも紹介しましたが、尾道方式が役立ちます。

 尾道では、クリニックで膵臓がんのリスク因子を2つ以上抱えている人が見つかると、エコー検査を行って、膵臓の異常が見つかったら、JA尾道総合病院に紹介する仕組みを構築。そこで、より精密な検査を行うことで5年生存率は全国平均の3倍近くに上昇、ステージ0で見つかることも珍しくなくなっています。

 そのリスクとは、「糖尿病」「肥満」「喫煙」「家族に膵臓がん患者がいる」の4つ。中でも「糖尿病」は、そうでない人に比べて2倍、膵臓がんになりやすい。糖尿病の人は、1年に1回エコー検査を受けることで自ら尾道方式を取り入れるといいでしょう。ほかのリスクを重ねていたらなおさらです。

 転移すると、ジェムザールという抗がん剤が治療の中心になります。これは比較的、副作用が少なく、「抗がん剤=副作用がつらい」というイメージを持つことはないでしょう。八千草さんがジェムザールを使ったかどうか分かりませんが、無理なく完遂できるケースは十分考えられます。まずは悲観的に考えず、一度トライしてみること。副作用を心配するのは、それからでいいと思います。

 国立がん研究センターは、尾道方式とは別の早期発見の仕組みを研究。血液検査で判別可能な膵臓がんのバイオマーカーで、今年3月に対象期間が終了。目下、分析しているところです。先駆けて行われた米国では、既存のバイオマーカーよりも高い精度で早期に膵臓がんを検出できることから、検査キットが開発されています。膵臓がんが難治がんでなくなる日は、近いかもしれません。

中川恵一

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事