役に立つオモシロ医学論文

高齢者が抗生物質を長期服用すると心臓病リスクが高まる?

高年で2カ月以上服用した場合は…

 細菌の増殖を抑える抗生物質は、細菌感染症の治療にとって重要な薬です。かつては風邪などのウイルス感染症であっても、2次的な細菌感染を予防する目的で処方されることもありました。しかし抗生物質が効かない耐性菌の出現を防ぐために、現在では厚生労働省を中心に、その適正使用が呼びかけられています。

 抗生物質の代表的な副作用として下痢が挙げられますが、一部の薬剤では不整脈や心臓病の発症率を高める可能性が報告されています。

 そんな中、抗生物質と心臓病の関連性を検討した研究論文が、欧州心臓病学会誌の電子版に2019年4月24日付で掲載されました。

 この研究では米国の看護師3万6429人が対象となっています。若年(20~39歳)、中年(40~59歳)、高年(60歳以上)における抗生物質の使用状況が調査され、心臓病の発症リスクが検討されました。なお、結果に影響を与え得る年齢や生活習慣などの因子について、統計的に補正して解析をしています。

1 / 2 ページ

青島周一

2004年城西大学薬学部卒。保険薬局勤務を経て12年9月より中野病院(栃木県栃木市)に勤務。“薬剤師によるEBM(科学的エビデンスに基づく医療)スタイル診療支援”の確立を目指し、その実践記録を自身のブログ「薬剤師の地域医療日誌」などに書き留めている。

関連記事