Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

阪神原口は一軍復帰 若年発症の大腸がんは35%が遺伝性

9回、代打で適時二塁打を放ち、ガッツポーズする阪神の原口(C)共同通信社

 精神力が素晴らしい。今年1月に大腸がんを公表した阪神の原口文仁捕手のことです。4日のロッテとの交流戦で一軍に復帰すると、九回に代打で出場し、フェンス直撃のタイムリー二塁打ですからね。持っている男は違います。

 原口選手は27歳。一連の報道を耳にした皆さんは、原口選手の若さに驚かれたかもしれません。なぜ、その若さで大腸がんに、と。

 年齢別に見ると、大腸がんは40歳を越えると、年齢を重ねるにつれて増えます。日本の大腸がんは欧米と比べて10歳ほど若く発症する傾向で、最近はさらに若年化が進んでいるといっていいでしょう。大腸がんの若年化は世界的な流れなのです。

 米国では、50歳以上で大腸がんになる人の割合が、2000年以降32%も減少。亡くなる割合も34%減っています。特に65歳以上は顕著で、男性は38%、女性は41%も罹患率が減少したのです。一方、50歳未満はどうかというと、2000年から13年にかけて22%も罹患率が増えています。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事