歯の疑問 ずばり解決!

歯茎が健康な人は無理に歯間ブラシを使うと隙間が広がる

歯周病ならサイズの小さい歯間ブラシを

【Q】最近、食べ物が歯に引っかかります。老化でしょうか?

【A】老化で歯に食べ物が挟まりやすくなるケースはほぼありません。老化ではなく、歯と歯の間の隙間を埋める組織「歯間乳頭」を失うことで、食べ物が引っかかる状態ができている可能性があります。

 長く歯科医院に通われている患者さんの多くは、歯間ブラシを勧められた経験も多いのではないでしょうか? ですが、健康な歯と歯茎を持つ人であれば歯間ブラシを入れられる隙間はほぼないはずです。そのため、勧められるままに歯間ブラシやデンタルフロスを使っていくと歯と歯の隙間はどんどん開いていきます。そうなると、できた隙間に食べ物が引っかかってしまうのです。

 僕の患者さんにデンタルフロスを毎日欠かさず実践していた40代の女性がいます。その方はホウレンソウや鶏肉など、繊維質が強めの物を召し上がると必ず引っかかるので困っていて、老化のせいだと思って歯間ブラシをより一層、丁寧に行っていたそうです。皮肉なことにそれが原因で隙間を自分で大きくしてしまい、余計に引っかかりやすい場所を毎日どんどんつくっていたのです。

1 / 2 ページ

関連記事