歯の疑問 ずばり解決!

歯磨きのやり方を変えるだけで知覚過敏が改善するケースも

歯磨きをどんなに頑張っても…

【Q】歯を一生懸命磨いているのにどうして知覚過敏になったのでしょうか?

【A】歯を磨きすぎることによって起こる知覚過敏があるのです。

 知覚過敏が起こる原因は、大きく分けて2つあります。1つは、歯自体に問題がある場合で、虫歯、WSD(くさび状欠損)、マイクロクラック(亀裂)が主な原因です。WSDは歯茎に近いところの歯が欠けていく状態です。歯ぎしりなど、噛み合わせによって過剰な力がかかることで欠けていくケースが多く、歯磨きをどんなに頑張ってもこの知覚過敏は治りません。

 2つ目は、歯以外に原因がある場合で、主に歯茎が下がってしまうことから知覚過敏が起こります。毛が硬い歯ブラシを使って歯と歯茎自体を磨くクセがある方は、どんどん歯茎を失っていくのです。

 長年、知覚過敏に悩んでいた40代の女性患者さんがいらっしゃいます。その方は、他の歯科医院で知覚過敏を相談したところ「歯の神経を抜きましょう」と言われてショックを受け、医院を変えようと決意。根本的に治療することができないのかどうか、いろいろな医院で相談したそうです。

1 / 2 ページ

関連記事