歯の疑問 ずばり解決!

「麻酔」のテクニックは施術者によって大きく差が出る

ガマンせずに「麻酔が怖い」と率直に伝える(C)日刊ゲンダイ

【Q】麻酔が怖くて仕方がありません。痛くない麻酔ってありますか?

【A】あります。といっても、痛くない麻酔とは「技術」です。針を刺し入れる位置、刺し入れる角度、針の太さ、薬液の温度、薬液を入れるスピードをいかに見極めて実践するか。それが、その技術です。針を刺す箇所の表面にあらかじめ麻酔液を塗るのも有効です。さらにいうと、患者さんが緊張しない雰囲気づくりや、くちびるなど他の部位を触ることによって痛みを散らしたり……と、麻酔のテクニックは施術者によって大きく差が出る部分でもあります。

 注射器が怖いとか、痛いのが苦手なのは決して恥ずかしいことではありません。ガマンせず、歯科医師に「麻酔を打たれるのが怖い」と率直に伝えるべきです。そのように訴えても痛い麻酔しかしない(できない)歯科医師は、親身になって考えてくれない人か、そもそも技術がないと判断して、医院を変えることをオススメします。歯科医院を選ぶうえで重要なのは、技術はもちろんのこと「親身になってくれる人柄なのか」です。

1 / 2 ページ

関連記事