上皇の執刀医「心臓病はここまで治せる」

抗がん剤の副作用で心臓疾患を発症するケースが増えてくる

順天堂大学医学部心臓血管外科の天野篤教授(C)日刊ゲンダイ

 高齢化が進んでいる日本では、がんと心臓疾患の関係が新たな課題として浮上しています。がん治療が進歩して生存率が高まったことによるもので、中でも、抗がん剤の副作用によって心臓疾患を発症したり、重症化してしまう患者が増えているのです。

 抗がん剤の中には、心臓に大きな負担を与えるものがあります。たとえば、肺がんや胃がんなど数多くのがんに使われる白金製剤(プラチナ製剤)は腎毒性があり、腎臓への副作用を防ぐために大量の点滴をしながら投与されます。それが心臓に過剰な負担をかけ、心臓に問題がある場合はうっ血性心不全を起こしてしまうケースがあるのです。

 そのため、白金製剤を使って治療を行う際は、事前に心臓に問題がないかどうかをかなり丁寧に評価します。場合によっては、先にカテーテル治療や外科手術を行って心臓のトラブルを改善してから抗がん剤治療を始めるケースもあります。それくらい、白金製剤は心臓に負担をかけるのです。

1 / 3 ページ

天野篤

1955年、埼玉県蓮田市生まれ。日本大学医学部卒業後、亀田総合病院(千葉県鴨川市)や新東京病院(千葉県松戸市)などで数多くの手術症例を重ね、02年に現職に就任。これまでに執刀した手術は6500例を超え、98%以上の成功率を収めている。12年2月、東京大学と順天堂大の合同チームで天皇陛下の冠動脈バイパス手術を執刀した。

関連記事