生活と健康 数字は語る

世界的に報告は多いが…「肉」や「魚」の摂取と健康の関係

魚の摂取と健康の関係は…(C)日刊ゲンダイ

 それに対し魚の摂取と健康の関係は、多くのコホート研究で、「心筋梗塞」や「脳梗塞」のリスクを下げ、やや寿命を延ばす方向にあるという結果が示されています。

 国民健康・栄養調査の世代ごとの肉や魚の摂取割合の変化は、これらのコホート研究の結果を踏まえて再度解釈してみると、肉の摂取割合が低く、魚の摂取割合が高い人にがんや心血管疾患が少ないために、そうした人が長生きした結果と言える部分があることは確かです。

 ただその全部を説明しているかというとそうではありません。難しいですね。

2 / 2 ページ

名郷直樹

名郷直樹

「武蔵国分寺公園クリニック」院長、「CMECジャーナルクラブ」編集長。自治医大卒。東大薬学部非常勤講師、東大医学教育国際協力研究センター学外客員研究員。臨床研究適正評価教育機構理事。著書に「検診や治療に疑問を感じている方! 医療の現実、教えますから広めてください!!」(ライフサイエンス出版)、「逆説の長寿力21ヵ条 ―幸せな最期の迎え方」(さくら舎)ほか。

関連記事