愉快な“病人”たち

成功率は10万人に2人と…歌手・音々さん脳腫瘍を振り返る

音々さん(C)日刊ゲンダイ

 2016年12月20日、渋谷のライブハウスで家族が「あらかわ家」としてワンマンライブを行っていました。そのとき、私はHCU(高度治療室)で酸素ボンベや点滴や心電図の線につながれたまま「タクシーを呼んで!」と大騒ぎして、揚げ句ベッドに縛り付けられました。前日に脳の手術をしたばかりなのですから、無理ですよね。でも、何が何でも会場に行きたくて……。

 その半年ぐらい前から、右脚の膝から下に痺れを感じ始めていましたが、「夏のライブでスライディングしたせいだな」と思っていました。私、ロックシンガーなので、たまにステージ上で派手なパフォーマンスをするんです。

 でも11月の後半、口の半分にも痺れを感じて、ものが食べにくくなりました。近所の内科を受診したのは忘れもしない12月10日。そこから大学病院を紹介され、1週間後に行くことになりました。しかし何かを感じたのか、夫が「1週間後じゃ遅い」と判断し、少し遠い脳神経外科を探して、その日のうちに車で連れていってくれました。

1 / 5 ページ

関連記事