Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

円楽は3週間入院 肺がんの脳転移は治療の順番が延命を左右

三遊亭円楽さん(C)日刊ゲンダイ

 早期発見が何よりでしょう。落語家の三遊亭円楽さん(69)が、脳腫瘍で3週間入院して治療を受けると報じられたことです。

 報道によると、1カ月ほど前から気分が落ち込むようになり、医療機関で検査を受けたところ脳腫瘍が発見されたといいます。8月上旬まで仕事を休むものの、早期発見で生活には支障がないそうです。

 このニュースを耳にして気になったのが、昨年に手術された肺がんとの関係。円楽さんの脳腫瘍が肺がんとは別にできた脳腫瘍なのか、肺がんが転移した脳腫瘍なのかは分かりませんが、一般に肺がんは脳に転移しやすいのです。

 がんが脳に転移するのは、10人に1人。がんの種類別で最も多いのが肺がんで46%、そのうち喫煙とは関係ないタイプの肺腺がんが6割弱を占めています。転移性脳腫瘍のおよそ3割は、肺腺がんからの転移というのが現状です。乳がんの15%と比べると、肺がんが脳に転移しやすいことが見て取れるでしょう。

1 / 3 ページ

中川恵一

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事