Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

円楽は3週間入院 肺がんの脳転移は治療の順番が延命を左右

三遊亭円楽さん
三遊亭円楽さん(C)日刊ゲンダイ

 早期発見が何よりでしょう。落語家の三遊亭円楽さん(69)が、脳腫瘍で3週間入院して治療を受けると報じられたことです。

 報道によると、1カ月ほど前から気分が落ち込むようになり、医療機関で検査を受けたところ脳腫瘍が発見されたといいます。8月上旬まで仕事を休むものの、早期発見で生活には支障がないそうです。

 このニュースを耳にして気になったのが、昨年に手術された肺がんとの関係。円楽さんの脳腫瘍が肺がんとは別にできた脳腫瘍なのか、肺がんが転移した脳腫瘍なのかは分かりませんが、一般に肺がんは脳に転移しやすいのです。

 がんが脳に転移するのは、10人に1人。がんの種類別で最も多いのが肺がんで46%、そのうち喫煙とは関係ないタイプの肺腺がんが6割弱を占めています。転移性脳腫瘍のおよそ3割は、肺腺がんからの転移というのが現状です。乳がんの15%と比べると、肺がんが脳に転移しやすいことが見て取れるでしょう。

 肺腺がんの脳転移は、小さい腫瘍が多発するのが特徴。円楽さんのような気分変調の原因の可能性はありますが、ほかの症状が出ることはあまりありません。

 脳転移が見つかると、「近い将来、話せなくなるのか」「ひょっとして動けなくなる……」という患者さんの不安を耳にします。脳は人体の司令塔ですから、無理もありません。

 しかし、分子標的薬や放射線治療の飛躍的な進歩で、認知機能を守りながら、転移性脳腫瘍を治療することが可能になっています。治療後、仕事に復帰することは十分可能です。

■定位放射線なら認知機能に影響なし

 そこで、カギを握るのが、肺がんのタイプを見極めること。日本人は、EGFRという遺伝子に変異がある人が53%に上ります。海外の17%の3倍超です。EGFRが変異していると、脳転移が多発する半面、治療効果は高いのです。

 そのベストな治療の組み合わせが、転移した部位にピンポイントで照射する定位放射線と分子標的薬になります。分子標的薬は、EGFRが変異しているタイプに効果を発揮するEGFR阻害剤です。4種類が保険適用になっています。

 従来の脳転移の治療は、放射線の全脳照射が主流。余命はせいぜい半年でしたが、画期的な治療法の登場で、5年を超えることも珍しくありません。だからこそ、ピンポイント照射で、認知機能を守ることが大切なのです。

 もうひとつ重要なのが、治療の順番。エール大学の研究グループは、①「定位放射線治療↓EGFR阻害剤」②「全脳照射→EGFR阻害剤」③「EGFR阻害剤↓定位放射線か全脳照射」に分けて、生存期間を比較。すると、①が46カ月、②が30カ月、③が25カ月と定位放射線を先に治療する方が、有意に生存期間が長いのです。

 日本の現状は、EGFR阻害剤で先に治療する傾向があります。もし脳転移が見つかったら、まず定位放射線治療を受けるのが賢明です。

中川恵一

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事