進化する糖尿病治療法

健診で異常なく痩せているのに…血管年齢が高い人のナゼ

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 50代を過ぎたら、病院で数年ごとにぜひ受けていただきたいのが血管年齢を調べる検査です。血管の老化度合いを調べる検査で、これによって動脈硬化の進行具合が分かります。

 血管年齢は、心臓足首血管指数(CAVI)で調べられます。

 CAVIは、心臓から出て動脈に伝わる脈波の速度を測定したものです。柔軟性に富んだ血管では脈波はゆっくり伝わり、硬くなった血管では脈波は速く伝わります。つまり、動脈硬化が進行するほどCAVIの値は高くなります。ただし、血管の狭窄がひどくなり過ぎると、脈波が伝播されにくくなって、CAVIが低い値になることもあります。

 同時に測定するABI(足関節上腕血圧比)は、足首の血圧を上腕の血圧で割ったもの。健康な人では、横になった状態で血圧を測定すると、足首と腕の血圧は同等か、足首が少し高い数値になります。

1 / 4 ページ

坂本昌也

専門は糖尿病治療と心血管内分泌学。1970年、東京都港区生まれ。東京慈恵会医科大学卒。東京大学、千葉大学で心臓の研究を経て、現在では糖尿病患者の予防医学の観点から臨床・基礎研究を続けている。日本糖尿病学会、日本高血圧学会、日本内分泌学会の専門医・指導医・評議員を務める。

関連記事