歯の疑問 ずばり解決!

硬い歯ブラシを使って歯茎がズタズタになっている人もいる

歯茎のターンオーバーは2週間(C)日刊ゲンダイ

【Q】よい歯ブラシや歯磨き粉はありますか?あるとしたらどんなものでしょうか。

【A】僕が思うよい歯ブラシは「軟らかい歯ブラシ」です。軟らかい、というのは「歯茎に傷をつけない」という意味です。

 以前、歯茎を傷つけてしまうと再生させることが非常に難しいとお話ししました。特にわれわれモンゴロイドは、人種的にヨーロッパ系コーカソイドと比較すると、骨も歯茎も粘膜も非常に華奢(きゃしゃ)で、歯のエナメル質も薄いのです。硬い歯ブラシを日常的に使っていると、歯茎を傷つけたり、後退させてしまう恐れがあります。

 間違った歯磨きのやり方が歯茎の後退を進めているかもしれません。歯茎の後退は知覚過敏を発生させますし、一度下がった歯茎を元の位置に戻すことは大変難しいので注意してください。

 歯磨き粉選びにも注意してもらわなければなりません。海外製と日本製のものでは成分に大きな違いがあるからです。酸性物質(過酸化水素など)が多く含まれている海外の歯磨き粉を使うと歯は白くなるかもしれませんが、エナメル質を傷つけて知覚過敏の原因をつくってしまうかもしれないのです。

1 / 2 ページ

関連記事