Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

山本譲二はステージ2 大腸がん予防の内視鏡は10年に1回

山本譲二さん(C)日刊ゲンダイ

 不幸中の幸いといっていいでしょう。大腸がんの手術を受けていたと報じられた歌手の山本譲二さん(69)のことです。腹痛で病院を受診したところ、がんが見つかって緊急入院。ステージ2Aで、腫瘍の大きさは7センチ。腸閉塞を起こしていたものの、転移はなく腹腔鏡手術で切除できたそうです。

「突然、『がんですよ』と言われてショックでした。でも、『転移がなくて、抗がん剤を使わない』と言われて、助かった、と思った」

 デビュー45周年記念曲の発売記念イベントでそう語ったそうです。ステージ2は、大腸の粘膜にできた腫瘍がさらに固有筋層を越えて広がりますが、リンパ節への転移はない状態。転移がないことで、術後に補助的に行われる抗がん剤治療をスキップできたのは、ラッキーです。

 2018年の予測値で大腸がんの罹患数は15万2000人で、胃がんを2万3000人ほど上回るトップ。ピロリ菌感染が原因の98%を占める胃がんから1位を奪うのは象徴的。大腸がんの原因は、肉食や肥満、運動不足など生活習慣が原因の「欧米型」のがんの代表だからです。

1 / 3 ページ

中川恵一

1960年生まれ。東大医学部医学科卒業。同院緩和ケア診療部長を兼務。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

関連記事